ナイナイ、14年ぶりにダウンタウンとの共演に… | NewsCafe

ナイナイ、14年ぶりにダウンタウンとの共演に…

芸能 ニュース

長らくの間、不仲説がウワサされていたダウンタウンとナインティナイン。6月5日放送の「爆笑 大日本アカン警察」(フジテレビ系)で14年ぶりの共演を果たした。
この不仲説、松本人志著書の「遺書」という本の中で、ナイナイを"ダウンタウンの金魚のフンみたいなもの"と書かれていたことが原因で確執が生まれた、などとウワサされていたのだが、特に確執などはなくナイナイがダウンタウンに恐縮していただけ、という話もあるようだ。

この共演について5月19日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)でナイナイの2人が収録の様子を語っていた。
14年ぶりの共演ということで、普段は別々の楽屋だそうだが、収録前に緊張のあまり岡村は矢部の楽屋に居座って収録を待ったという。
「相変わらず、要所要所、ピリっとする感じではありましたけど」だったそうなのだが、14年間絡みがなかったのが不思議なくらい楽しく仕事ができたそうだ。収録現場に仲のよい東野幸治や、雨上がり決死隊の蛍原徹がいたのも心強かったといい、「ダウンタンさん含め、皆さんに感謝ですね」と感想を述べていた。
岡村「これを突破口に仲良くさせていただけたら」
矢部「ラジオで言うんですね、絶対にダウンタウンさん聞いてへん(笑)」
岡村「だから誰かが伝えていただけたら嬉しいんですけど」

ダウンタウンとナイナイ、これからの共演を楽しみにしているお笑いファンも多いだろう。
《NewsCafe》
page top