いよいよ梅雨入り!雨の日を不快から「特別な日」に変える方法 | NewsCafe

いよいよ梅雨入り!雨の日を不快から「特別な日」に変える方法

社会 ニュース

沖縄や九州南部で梅雨入りしました。九州南部では昨年より20日も早い梅雨入りだそうです。関東地方でも今週初めから天気がぐずついており、洗濯ものがなかなか乾きづらい季節になりました。湿度が高く節電中の日本において、今年の梅雨は、いつにもまして不快指数が高くなることも予想されます。

晴耕雨読(せいこううどく)という言葉もありますが、晴れた日には晴れた日の、雨の日には雨の日の楽しみ方、過ごし方を心掛けたいです。とはいえ、現代社会では雨で仕事を休むことはできません。せめて、雨の日を楽しむ術を覚えたいところです。

雨の日のファッションとして、おしゃれなレインブーツ(長靴)なども定番となってきました。それも楽しみ方のひとつです。好きな色や柄の傘にレインブーツ。それだけでも外に出るのがワクワクしたりします。最近では電車の中やビルの中で雨のしずくがしたたり落ちないように、長傘用のケースも売られています。自分だけではなく周囲の人にも深いを与えない工夫です。

また、雨のときには雨の歌を聴く。雨を歌った歌や雨をイメージして作られた曲にはとてもロマチックなものが多いので、音楽に浸るのもいいです。

そして、雨の日はいつもの飲み会や残業を切り上げて家に早めに帰る。家族と語らったり、雨の音を聴きながらパートナーとお酒を飲んだり、しっとりとした時間を作ってもいいかも知れません。

雨の日を不快に過ごすのではなく、いつもと違う「特別な日」に変える。それだけで"雨"が楽しみになると思います。

[ライター 齋藤めぐみ/コンサルタント・キャリアカウンセラーとして企業、個人のクライアントへのコンサルティングを行う。ccE,Inc 認定 GCDF キャリアカウンセラー。詳細はオフィシャルサイトまで(http://www.megumi-saitou.jp/ )(PC専用)]
《NewsCafe》
page top