滝川クリステル、福島原発20キロ圏内で保護された犬と生活 | NewsCafe

滝川クリステル、福島原発20キロ圏内で保護された犬と生活

芸能 ニュース

フリーアナウンサーの滝川クリステルが、自身の公式ブログで福島第一原発の避難区域で設定されている20キロ圏内で保護された犬を飼い始めたことを報告している。

5月23日のブログで、まだ2-3歳というラブラドールの「可愛い子」を紹介。滝川は「震災で家族や家を失い、その上心の支えになっていたペットや動物たちを置き去りにすることしかできず、何もできなかった飼い主の人たちの気持ちを考えると、本当につらく、また悔しい思いでいっぱいでした。(略)もちろん、人命が優先ということは分かっています。ただ、もし、彼らが大切にしていた動物たちを迅速に救えていたら、どれだけ彼らの心を救ってあげられたんだろう」と震災に対する思いをつづり、「本来の飼い主が見つかるまでの3ヵ月間預かる予定」としている。

読者からは「感動しました!」「うちにも犬がいます。命が助かって、本当によかったです」と多くのコメントが寄せられている。
《NewsCafe》
page top