"自殺の原因と引き金は違う"4月5月に芸能人の自殺が多いのは本当か? | NewsCafe

"自殺の原因と引き金は違う"4月5月に芸能人の自殺が多いのは本当か?

芸能 ニュース

ゴールデンウィーク明けに飛び込んできた上原美優さん(24)の自殺報道。動機がさまざまに語られる中、14日にNewsCafeで掲載された記事「芸能界の自殺が軒並み4月と5月に集中している理由」によると、岡田有希子や堀口綾子、桂枝雀、ポール牧、そして川田亜子など、芸能人の自殺は4月・5月に集中しているという。

この記事に対してユーザーからも多くのコメントが届き、賛否を呼んでいる。賛成人数の多いコメントを中心にいくつか紹介しよう。

◆芸能人だけではありません。私だって。主人が4月から給料三割カット(震災の影響)、無理してアルバイト中に倒れ入院手術。正規雇用でなかったので会社からは休んだ日から収入無し。手術代入院費自分持ち。私はパートを二つ掛け持ちでやっていましたが、腱鞘炎で手術。全く先が見えない。
まだ入院中の主人の寝顔見ながら、又自分の手術後の手を見ながら…何で生きているんだろう、早く楽に成りたいと思ってしまいます。まだ、認知症の義母の世話が有るからと思い止まっていますが。この先自分でもどうなるか?皆、口では頑張ってと言いますが[女性・50歳以上・その他]…82人が賛成

◆葬祭関係の仕事をしています。4月5月は自殺者は多いです。自殺願望のある方は隙あれば死のうとします。実行されない為に家族は細心の注意をしますが並大抵の事ではなく家族は精神的に追い詰めらます。死んだのは悲しいし悔しいがあんなに苦しがっていた。死んだことで楽になったと思う。苦しがっているのを見ていると生きろ!とは言えなくなった。肉親を自殺で失った人の言葉です。死を望んでも自ら命は絶ってはいけませんが、自殺をした人も自殺を止める事が出来なかった人も批判するべきではない。人の死は悲しい。深い悲しみと共に今まで生きてきたことに敬意をしたい。遺された方達が癒されることを祈ります。[女性・40代・主婦]…52人が賛成

◆自殺の原因と引き金は違う。原因は人を苦しめ自殺一歩手前にするが、色々な事が引き金となりスイッチが入る。引き金となる事が集中する時期がたまたまその時期だっただけ。自殺は絶対に間違った選択だが、本人には解らない。本人は決して逃げたのではないのです。戦った結果選択を誤ってしまう。その結果しか見えなくなる。誰でも自覚なしに陥ってしまう可能性があります。批判している人にも。だから皆さんも気を付けましょう。自分にではなく、周りの人に。サインを見逃さなければ少なくとも助ける可能性があるからです。方法は難しいですが[男性・40代・会社員]…46人が賛成

◆上原美優さんの動機を推論したものに、4月5月に自殺された方々を並べただけではないか。第一みんな動機がばらばら。しかも8人だけで軒並みとする理由がよくわからん。

仕事激減による将来への不安
異性関係が上手く行かない
人事異動による環境の変化

芸能人だからとは言い難い。この時期日本人なら誰でも思い当たる原因だ。それに、少なくとも井上大輔さんは眼病に対する病苦、清水由貴子さんは公には介護うつ(しかも死亡時は引退して一般人)であって、筆者の推論に当てはまらない[男性・40代・会社員]…41人が賛成
◆…だから、何?もともと、その月間だけにしか起きないことではないでしょう?
その傾向に合わせようと資料を集めれば、そうなる訳だし…そう言う曖昧なデータは『作ったひとの理想』でどうにでもなる[女性・30代・会社員]…31人が賛成

◆確かに4月から5月は環境の変化が激しくて精神的にキツい時期ですね。世の中から逃げ出したい衝動に駆られれる気持ちは解ります。神様?は人間に色々なハードルを用意して試しておられるらしい。逆境に遭って自殺を選んで楽になる、それも人間の寿命でしょう。自分の人生は自分の勝手で伸ばすのも止めるも自由です[男性・50歳以上・自営業]…24人が賛成

果たして、芸能人の自殺は本当に4月5月に多いといえるのか。あなたはどう思いますか。
《NewsCafe》
page top