浜岡原発、全面停止を受け入れ | NewsCafe

浜岡原発、全面停止を受け入れ

経済 ニュース

報道によると、浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の運転停止を要請されている件で9日、中部電力は臨時取締役会を開催し、全面停止を受け入れることを決めた。

停止期間は、防波壁の設置工事などの津波対策が完了する2-3年程度になる。

浜岡原発を全面停止した後も管内に電力を安定的に供給できるかどうかを見極めるため、7日の臨時取締役会では結論を持ち越したが、休止中の火力発電所の再稼働に必要な発電燃料のLNG(液化天然ガス)の追加調達にめどが立ち、電力需要がピークを迎える夏場を乗り切れる見通しとなったため、中部電力は全面停止を受け入れることになった。
《NewsCafe速報》
page top