「五月病」を吹き飛ばせ!心と体を鍛えよう | NewsCafe

「五月病」を吹き飛ばせ!心と体を鍛えよう

社会 ニュース

東京では桜も散り、新緑の季節となりました。新しい環境や生活に少しずつ慣れると同時に、新たな課題が見え始めるころ。なんとなく元気が出ない。今の環境に合わない気がする。どうしてもなじめない人がいる──。

「五月病」という言葉があるように、4月に新しい環境になり緊張がとけるこの時期に、鬱々としてしまうことがあります。ゴールデンウィーク明け、なんとなく会社や学校に行きたくない、そんな経験がみなさんにもあるのではないでしょうか?

そんなときは無理に気合で元気を出そうとせず、体を動かしてみましょう。心と体はつながっています。体をリラックスさせることで解決することもあるのです。旅に出て自然の中で散歩をしてみたり、ジョギングやウォーキング、サイクリングなどをするにもいい季節。スポーツジムで泳いだり、ヨガなどをするのもいいでしょう。
マッサージなどでケアするのもおすすめです。家で手軽にできるのがストレッチや瞑想。ゆっくり呼吸して体の声を聞きます。疲れている場所、痛みを感じるところ、力が入っているなら深呼吸して脱力してみる。深い呼吸はリラックスにつながります。

疲れと緊張が体から抜けると心に何が起きているのか気づきやすくなります。心に起きていることを大事に受け止めます。それだけでも、なんとなくの辛さではなく、具体的に自分の今感じている課題に気づき解決策を考えることができるようになります。

ゴールデンウィークは体を癒しリラックスさせ、「五月病」対策をしてみてはいかが?

[ライター 齋藤めぐみ/コンサルタント・キャリアカウンセラーとして企業、個人のクライアントへのコンサルティングを行う。ccE,Inc 認定 GCDF キャリアカウンセラー。詳細はオフィシャルサイトまで(http://www.megumi-saitou.jp/ )(PC専用)]
《NewsCafe》
page top