春一番、微笑がえし、年下の男の子…「スーちゃんの笑顔浮かぶ」 | NewsCafe

春一番、微笑がえし、年下の男の子…「スーちゃんの笑顔浮かぶ」

芸能 ニュース

「キャンディーズ」のスーちゃんこと田中好子さんが4月21日に、乳がんのため55歳で亡くなった。1970年代に一世を風靡した「キャンディーズ」には親衛隊と称する男性ファンが現れるなど人気は社会現象に。76年にピンク・レディーがデビューすると人気を分けるようになり、絶頂期に解散。アイドルの野球場コンサートは珍しく、「普通の女の子に戻りたい」は当時の流行語になった。
4月22日に実施した「キャンディーズの名曲、何が好き?」というNewsCafeアンケートには、1474件の回答と共にファンから田中さんに向け、数多くの追悼コメントが相次いだ。キャンディーズ名曲ランキング順にユーザーから寄せられた声をご紹介しよう。

【1位】春一番 (25.24%)
◆やさしい悪魔、微笑みがえし と悩んだけど、やっぱりキャンディーズを好きになったきっかけの曲を選びました!キャンディーズ今でも大好き!! [女性/40代/会社員]
◆解散時、まだ7才でしたから世代の中心の方々には及びませんが、意外と記憶にあるものです…ってか、そんな事より、ただただ哀しいです。せめてこの曲を歌ってまたひとつ大人になろうと思います。合掌。 [男性/40代/会社員]
◆軽快なリズムに、何より希望の見える歌詞がいい。 [女性/50歳以上/自営業]

【2位】微笑がえし (23.61%)
◆私達世代の青春そのものでした。この曲を聞く度にあの頃の自分を思い出し、奮い立たせてくれます。本当にありがとう。 [女性/50歳以上/会社員]
◆中学を卒業する年に流行ったので一票ポチです。もちろん卒業式の時にも使わせて頂きました。この曲を聞くと当時を思い出します。 ご冥福をお祈りします。 合掌 [男性/40代/会社員]
◆ずっとファンですが、どれと決められない。全部でキャンディーズだから。全て入ってるから、あえてこの歌。スーちゃんの御冥福をお祈りいたします。 [男性/50歳以上/会社員]
◆スーちゃんが亡くなったと聞いた時からずっと頭を流れてます。軽く手を振り私たち…お別れなんですね…スーちゃんの優しい笑顔が浮かびます [女性/40代/会社員]

【3位】年下の男の子 (17.91%)
◆春一番と迷いましたが、カラオケでこちらの方をよく歌うので。三人ともかわいくて歌がうまかった。壮絶な闘病だったそうで、言葉もありません。まだまだ活躍してほしかったです。ご冥福をお祈りしています。 [女性/30代/会社員]
◆歌詞に今で言うところの自分にとっての[萌え]ポイントがあり、キャンディーズの歌の中で不動の一番です。 [女性/40代/その他]
◆当時、幼稚園児だった私は五歳離れた弟が生まれたばかりでした。おねーちゃんが弟にうたう歌な気分でよく歌っていた記憶が…。 [女性/30代/主婦]

【4位】やさしい悪魔(9.70%)
◆キャンディーズが大好きで、小学生の頃、休み時間にいつも友達3人で振り付けつきで歌ってた。私はランちゃんのファンなので立ち位置がセンターだった。特にお気に入りの曲がコレ。スーちゃん、安らかに…。 [女性/40代/主婦]
◆確か、キャンディーズの最大ヒットになりましたし、あのコスチュームと振り付けも独自でしたからね。ピカ一であります。 [男性/40代/会社員]

【5位】暑中お見舞い申し上げます(5.22%)
◆この曲の、暑中お見舞い~申し上げます~って、ところが好きです。ずっと、病気と闘って来られたとか…。そんな日々が想像出来ないくらい、爽やかな笑顔が、心に残っています。同年代として、ご冥福をお祈りします [女性/50歳以上/その他]

6位以下は【哀愁のシンフォニー】【アン・ドゥ・トロワ 】【ハートのエースが出てこない】【危い土曜日】といった結果に。
25日に行われた告別式では出棺を前に田中さんが遺した肉声が公開された。入院先の病床で3月29日に収録したもので、田中さんは「キャンディーズでデビューして以来、本当に長い間お世話になりました。幸せな幸せな人生でした。心の底から感謝しています。特にランさん、ミキさん、ありがとう。二人が大好きでした」と感謝を伝えた。
《Newscafeアンケート》
page top