津波が押し寄せ被害に…ペンギンたちを救おう! | NewsCafe

津波が押し寄せ被害に…ペンギンたちを救おう!

社会 ニュース

東北地方太平洋沖地震で被害をうけた動物たちを救おうと、神奈川県川崎市にある夢見ヶ崎動物公園が、3月23日に飼料などの救援物資を提供。小型肉食獣用の鶏頭、小型雑食獣やペンギン用の冷凍アジ、鶏卵などがトラックに積み込まれ発送された。

夢見ヶ崎動物公園は「日本動物園水族館協会」からの要請をうけ、「全国の施設と力を合わせ、全力で応援していきたい」と話している。

同協会に加盟する施設のうち、14施設が震災の被害を受けた。その中でも宮城県松島町の「マリンピア松島水族館」、福島県いわき市の「環境水族館アクアマリンふくしま」には津波が押し寄せ、電気や地下施設が故障。多くの動物や魚が犠牲になったという。

夢見ヶ崎動物公園の園長は、「現地の施設が何を必要としているのかを聞き、引き続き支援を行っていきたい」とコメント。

震災の被害を受けた各施設のスタッフや動物たちに、一日も早く穏やかな日々が訪れるよう願いたい……。
《NewsCafe》
page top