震災後に増加…「地震酔い」に悩む人々 | NewsCafe

震災後に増加…「地震酔い」に悩む人々

社会 ニュース

東北、そして関東では日々余震が続いているが、地震が発生していなくても揺れているような感覚を覚えている方も少なくないだろう。このようなめまいやふらつきなどを感じる「地震酔い」。3月11日に起きた東日本大震災後に視覚情報と平衡感覚とのズレで悩む方が増えているという。Twitterでは「地震後ずっと体が揺れてる気がする」、また揺れが起きていなくても「また地震?」などの書き込みが多く見られ、専門家は周期が長い揺れが何度も続いているストレスが一因だと指摘する。
「余震がまた来るかも知れない」という不安感が、症状を強めている為、ゆっくりとした深い呼吸を何度か繰り返す、好きな音楽を聞くなど、気分が落ち着かせることが大切だ。避難所では周囲の人と手をさすりあう、手を握るなどの「手当て」も、効果的だという。
《NewsCafe》
page top