原発事故「チェルノブイリ事故とは全く別な状況」 | NewsCafe

原発事故「チェルノブイリ事故とは全く別な状況」

社会 ニュース

連日報道されている原発事故について、英国政府主席科学顧問のジョン・ベディントンら数名の原子力発電の専門家が会見を行った。不安な情報や噂が飛び交う中、日本の現状について分かり易く説明しているので是非参考にしていただきたい。

■1個、また2個以上の原子炉の完全メルトダウンが起きた場合
避難エリアの30キロ(50キロから訂正)は人の健康の安全を守るために十分な距離。2個以上の原子炉がメルトダウンしても1つの原子炉のメルトダウンのときと比べ、被害にさほど変わりはない。

■退避指示区について
現状の20キロ退避指示区は現状の放射能レベルにたいして適切な範囲。このまま炉心への海水注入を続くことができれば、大きな事件を防ぐことができる。

■今後地震が起きた場合
海水注入ができなくなる可能性があり、その場合上記のメルトダウンが起こる可能性がある。

■東京の方へ
東京住人の健康への悪影響はないと予想。健康に悪影響を起こすためには現状の放射能の何百倍のレベルが必要。ここで基準にする"健康への害"は妊婦や子供へ影響するほどの放射能量。健康な大人にとってはさらに放射能のレベルが高くならないと影響しない。

■海水注入について
海水注入を続けることができ、原子炉を冷やすことができれば状態は大きく上向く。

■チェルノブイリ事故との比較
今回の福島の事故とチェルノブイリ事故とは全く別な状況と判断。チェルノブイリの場合、原子炉が完全メルトダウンし、手を付けずに何週間も燃え続けた。チェルノブイリでさえ、50キロに避難ゾーンがもしできたら十分に人の健康を守ることが出来た。チェルノブイリ事故後も危険性についての情報が非公開だったため、汚された食品、麦、牛乳や水などを食べ続けた現地の人々が病気になった。

■ヨード剤の補充に関して
ヨード剤は現場で放射能を体内に吸収した場合や汚れた食料を食べた場合だけ必要。ヨード剤の長期的利用は健康を害す。

3月17日現在、日本政府からの情報は複数の独立した団体によりモニタリングされつづけており、放射能のレベルに関しての情報は的確と判断されている。
《NewsCafe》
page top