停電・断水・給水制限時のトイレ使用について | NewsCafe

停電・断水・給水制限時のトイレ使用について

社会 ニュース

計画停電により、通常の便器洗浄が出来なくなる家庭が一部あります。
そのような場合には、バケツ等に水をくみ、直接便器内へ流すことで便器洗浄が可能です。

<洗浄方法>
オート便器洗浄・オート開閉機能があるウォシュレット・ウォシュレット一体形便器をご使用の場合は、それぞれのオート機能を「切り」にする。
便座・便ふたを上げる。
バケツ1杯(8L程度)の水を、水飛びに注意しながらボウル面に一気に流し込み、さらに静かに3~4Lの水を注ぐ。ただし、この水量では便器の汚物を排出する事ができても、排水管の途中に汚物が停滞することがあるので2~3回に一度は、多めの水(10~12L)を流すこと。

<注意>
・オート便器洗浄機能がある場合、断水時間中はオートを「切り」にしてください。
【理由】オート便器洗浄が作動し、「保安用水」が出てくる場合があるため。(※保安用水…消防防災用及び水道管破裂を防ぐために断水中も水道本管にある水)
・オート開閉機能がある場合、バケツ洗浄するときはオートを「切り」にしてください。
【理由】オート開閉が作動し、バケツ洗浄中に便座便蓋が閉じる場合があります。
・バケツ1杯(8L程度)の水でうまく汚物が流れない時には、便器への流し込みをより早く(短い時間で一気に)して上記を行なってください。
・バケツで水を運ぶ時、便器へ水を流す時など、床にこぼれないよう十分お気をつけください。
※タンクへ直接水を入れることは避けてください。タンク内の水だけでは洗浄水量が不足するため、洗浄不良や詰りの原因になることがあります。
風呂の残り水など使用される場合は、水中の髪の毛などがタンク内部の部品にひっかかってしまうことなどもあります。
また、商品によってはタンクのまわりに電気部品があるため、水かかりにより故障の原因となることもあります。

なお、便器に「便器洗浄つまみ」があるタイプは、つまみを操作することにより便器を洗浄することができます。

■例1 ネオレストA・D
便器洗浄つまみを2秒以上奥側に回す
便器洗浄(大洗浄)します
水が流れ終わったら、つまみを手前に回す
便器内に水を溜めます

■例2 ネオレストX
便器洗浄レバーを引く
便器洗浄(大洗浄)します
水が流れ終わったらレバーを元の位置へ戻す
便器内に水を溜めます

洗浄つまみの位置・操作は製品によって異なりますので、各製品の取扱説明書でご確認ください。

(TOTOホームページより引用 http://www.toto.co.jp/News/dansui_teiden/)
《NewsCafe》
page top