こだまでしょうか…ACジャパンのCM大量放送に「深くお詫び」 | NewsCafe

こだまでしょうか…ACジャパンのCM大量放送に「深くお詫び」

社会 ニュース

「こだまでしょうか、いいえ、誰でも」「思いは見えないけれど思いやりは誰でも見える」
東日本大震災後に民放で大量に流されているACジャパン(旧公共広告機構)のCM。"見すぎて気が狂いそう"、"魔法の言葉の歌を覚えてしまうくらい見た"…など多くの方がその頻度に疑問を抱いていることだろう。
ACジャパンは民放各局が資金を出し合って創設した経産省所管の特例社団法人で、CM放映は放送局の自主判断。深夜や早朝など広告枠が埋まらない場合の"アテ"の要素が強く、決してACジャパンが広告枠を買い取っているわけではないらしい。震災後、多くの企業がCMを自粛している為、このような事態となっている。これについて同団体では「不快な思いをおかけしましたことを、心より深くお詫び申し上げます」と謝罪。現在、ACジャパンでは、東北地方太平洋沖地震被災者を応援する臨時キャンペーンCMを企画・制作中だという。
《NewsCafe》
page top