新任女性教員の自殺…どんな環境で起こったのか? | NewsCafe

新任女性教員の自殺…どんな環境で起こったのか?

社会 ニュース

心の病による教師の休職者が増えている。報道によると、教師の精神疾患の休職者数は17年連続の増加で過去最高を更新。カウンセリング体制の充実などでここ数年の増加率は縮小しているといわれるが、依然として教育現場の過酷さが伺える。

今週の渋井哲也時事コラムは、東京都西東京市の小学校の新任女性教員が自殺した事件を取り上げる。2006年に25歳の新任の女性教諭が自殺を図って死亡したのは、公務に起因しているとして教員の両親が「公務災害」を申請したが、地方公務員災害補償基金東京支部は「公務外の災害」決定を通知。遺族は「納得できない」と不服を申し立てている。

新人の女性教師が置かれた環境はどのようなものだったのか。どうすれば、このような自殺は起きなかったのだろうか。コメントポストでは、今回取り上げたテーマについてご意見を募集しています。こちらの記事には何度でも投稿が可能です。沢山のご意見・ご感想をお待ちしております。
《募集中!コメントポスト》
page top