「お母さんはどんな仕事しているの?」 子どもに自分の仕事を説明できない | NewsCafe

「お母さんはどんな仕事しているの?」 子どもに自分の仕事を説明できない

社会 ニュース

子どもに「ねぇ、お母さんはどんな仕事をしているの?」「お父さんはどんな会社に勤めているの?」と聴かれたとき、皆さんはどう答えていますか?

メーカーなどで商品を作っていたり、CMをするような企業に勤めていたり、目に見えるお仕事の方はなんとなく説明できるのかも知れません。しかし、専業主婦の方や、子どもに理解しにくい業界や職種の方は何と答えているでしょうか。

学校などで仕事をすることが多い私も、"キャリアカウンセラー"という説明しにくい仕事のひとつに就いています。
最初のころは、どう伝えたら伝わるのか非常に悩みましたが、あるとき気づいたことがあります。「仕事内容」を説明しようとするから難しいのだと──。

今では次のような3つのポイントを意識して伝えています。

1.どんな人たちに対して貢献(サービス・商品、価値の提供)をしているのか。
2.私が貢献した人たちはどんな風に喜んでくれているのか。
3.私はこの仕事を通してどんなことを感じ、どんな風に成長しているのか。

例えば、専業主婦の方は夫を支えることで社会に貢献したり、育児という尊い仕事の喜びを伝えることができる。また、事務職の方は社員や仲間のサポートをすることが、お客さまに貢献することにつながっている。

3つのポイントを意識すると、自分の仕事がどのように社会と世界とつながり、仕事を通して人が成長できるということを、簡単にお子さんに伝えることができるのでは?

皆さんも、"今の人生を選んでいる理由"をお子さまに伝えてみてはいかが。

[ライター 齋藤めぐみ/コンサルタント・キャリアカウンセラーとして企業、個人のクライアントへのコンサルティングを行う。CCE Inc認定 GCDFキャリアカウンセラー。詳細はオフィシャルサイトまで(http://www.megumi-saitou.jp/ )(PC専用)]
《NewsCafe》
page top