ノミネート作品発表!大賞はどの作品か? | NewsCafe

ノミネート作品発表!大賞はどの作品か?

社会 ニュース

1月25日、「全国書店員が選んだ売りたい本」を選ぶ本屋大賞のノミネート作品、10作品が発表されました。本屋大賞は、「売り場からベストセラーを作る」をテーマとして創設され、今回が8回目。過去には「博士の愛した数式/小川洋子」や「夜のピクニック/恩田陸」、「一瞬の風になれ/佐藤多佳子」などの作品が大賞に輝いています。
本屋大賞の大きな特徴としては、選考資格者が「新刊を扱う書店(オンライン書店含む)の書店員のみ」となっているほか、これまで大賞を受賞した作品は、全て映画化されるなどのメディアミックスがなされています。このように、注目度が高まっている本屋大賞の、今年のノミネート作品は次の通りとなっています。

【悪の教典/貴志祐介】
【錨を上げよ/百田尚樹】
【神様のカルテ2/夏川草介】
【キケン/有川浩】
【叫びと祈り/梓崎優】
【シューマンの指/奥泉光】
【ストーリー・セラー/有川浩】
【謎解きはディナーのあとで/東川篤哉】
【ふがいない僕は空を見た/窪美澄】
【ペンギン・ハイウェイ/森見登美彦】

なお、大賞の発表は4月13日(水)が予定されています。また、同時に特別企画として「多感な時期でありながら、本が遠い中学2年生男子」に読んで欲しい一冊を決める「中2賞」も決定される予定。「中二病」という単語の認知度が少しずつ高まってる今、非常におもしろい賞なのかもしれません。
《NewsCafe速報》
page top