ユーザーが考える"子どもの安全対策" 1位は「地域の連携」 | NewsCafe

ユーザーが考える"子どもの安全対策" 1位は「地域の連携」

社会 ニュース

子どもを狙った凶悪な性犯罪で服役後、出所した人物の再犯防止を目的とした"出所者情報提供制度"。警察庁は13日、出所者に対する警察官の定期的な面談を4月1日から全国で実施することを決定した。
NewsCafeでは1月10日に「子どもの安全を守るため、1番必要だと思うことは何ですか?」というアンケートを実施。1532件の回答数のうち、約半数の方が選択したのが【地域の連携やネットワークづくり】(48.56%)だった。支持が高かった対策と共に寄せられた意見をそれぞれご紹介しよう。

【1位】地域の連携やネットワークづくり(48.56%)
◆どこで危ない奴がいたとか、最近隣の人会ってないけどどうしたのかとか…。犯罪、お年寄りの孤独死の問題解決のためには、地域の連携やネットワーク大事だと思います [女性/20代/会社員]
◆全部大事だけどやっぱり一番はこれかな。地域の雰囲気によって犯罪や色々な事件って起こりにくいのは絶対だから、ある程度のルール決めだね、パトロールがしょっちゅう回っているみたいな [女性/30代/主婦]
◆子供達を守る=地域住民の協力 保護者、学校の先生 自治体の方々、警察署員 皆さん全員が協力しあって子供達が無事に学校あるいは、幼稚園 保育園から各家庭まで下校出来るように見守ってあげたいです。 [男性/30代/会社員]
◆やっぱり、地域での助け合いは、子供に限らず必要不可欠。あちらこちらに、犯罪者がいて、捕まったのを聞いた事があまりない。 身近におこっていた。だけど、近所で助け合い、警察は情報は聴取して捕まらなかった [女性/40代/主婦]

【2位】犯罪者への極刑(11.81%)
◆母だから?かなぁ…お腹の中にいる時から将来期待してるのに、常識を逸脱したバカのために体や心に傷をつけさせたくない。もしされたら報復に行きます。だったら、小児への犯罪は重罪って予防線張っておいて欲しい [女性/30代/会社員]
◆犯罪者はまだまだ甘い日本の法律を舐めてます。もっと極刑を与えてビビらせましょう! [男性/40代/その他]
◆婦女暴行、幼児へのいたずら目的等の犯罪者は繰り返すそうですから極刑が必要だと思います。 [女性/50歳以上/その他]

【3位】犯罪者の情報を開示(10.44%)
◆性犯罪に限って言えば再犯率が高いのに刑が軽すぎからすぐ出てきて同じことを繰り返す。何度も同じ罪を犯す人はどんな罪でも情報開示して欲しいし、それが抑止力にならないかしら。 [女性/40代/主婦]
◆殺人を犯した人間が私の隣の住人の妹と結婚するって話を聞き、たまたまその殺された子が私の中学の同級生の親戚か何かで殺人犯の名前と顔を知ってた。そういう情報がないのは怖いと思いました。 [女性/40代/主婦]
◆地域の連携はすごく大事だと思うのですが、不景気で皆働いていて子供がいる時間帯と合うか分かりませんから、とにかくこういう犯罪者が身近にいる、と知っておくのが予防の一つかと。 [女性/50歳以上/その他]

【4位】警察の防犯体制を強化(8.62%)
◆本来,国民の安全を守る警察官の犯罪が多すぎる。地域や自治体,学校がいくら努力しても,安全の要がいい加減だと,全て無駄になる。ちゃんと襟を正して,真剣に国民を守る事が重要だと思います。 [男性/40代/会社員]

【5位】撃退法や護身術などの習得(5.22%)
◆子供たちには徹底した防犯教育が必要だから。巻き込まれない為のリスク軽減方法を徹底させる事。簡単な事だが徹底させるのは難しい。 [男性/40代/自営業]
◆警察、学校、地域全て大事だが 必ずしも守ってもらえるという受け身ではダメ。大声を出す 逃げるなど 小さい子でも自分でアクションを起こすして身を守ることを家庭で教えてほしい。 [女性/40代/会社員]
◆地域のネットワークも必要だけど、自分のことは自分の力で守る力も必要。 何かあっときはその場に助けてくれる人(警察とか)が居るとは限らない。 [女性/30代/主婦]

6位以下は自治体の防犯サービス充実化、学校関係者による防犯体制の徹底といった結果に。警察庁が行う面談は、強姦や強制わいせつなどで過去に複数摘発されたことがある50歳未満の出所者らが対象だという。2010年末現在で情報提供制度の対象だった820人のうち、当面は約4割の300人程度を想定している。
《Newscafeアンケート》
page top