恋人との倦怠期…アナタならどう乗り越える? | NewsCafe

恋人との倦怠期…アナタならどう乗り越える?

恋愛 ニュース

大切なはずのパートナーと、最近何だか喧嘩が多い、会話が続かない…など。2人の間に訪れる「倦怠期」。アナタなら、乗り越える?それとも次を探す?――NewsCafe夜便「夜の調査隊」では5月22日、「恋人との倦怠期を打開する最も有効な方法は?」と題してアンケートを行った。

それによると1位は「旅行にいく」(19%)、2位は「感謝をのべる」(16%)、3位に「ちょっと嫉妬させる」(14%)がランクインした。

なぜ旅行へ行くと倦怠期を乗り越えられるのか、みんなの意見から探ってみると…。

「しばらくは1人の時間を大切にしお互いの好きな事をしました。3、4年目倦怠期でした。その後旅行に行ったりして徐々に関係修復。付き合って6年、来年結婚します」(女性/20代/専門職)

と、1人の時間を大切にしたことで、お互いの関係を見直すことができたようだ。さらに

「遠出をしてお互いゆっくり話すのがいいと思う。そして、また来たいね、みたいなことになれば良い刺激になるしね」(男性/20代/会社員)
「夫婦喧嘩をすると旅行に行ったり遠出をしてちょっと日常から離れます。喧嘩は忙しさからくるイライラが原因の事が多いからゆっくり二人の時間を作ります。時には別居もいいかも…離れて改めて良い所がわかる事も」(女性/40代/自営業)

など、パートナーと2人で旅行に行き、2人で新鮮な空気を味わうのも効果あり。そして別の意見で多かったのは、「距離を置く」こと。

「2週間前後、一切連絡をとらなくする。その期間を置く事によって、お互い好きならまた盛り上がるし、ダメならダメでそれ程辛くない、と何かで読みました」(女性/20代/会社員)
「一定期間、距離をおく。それでもダメならさようなら」(女性/20代/会社員)
「少し距離を置いてみるのも、1つの手だと思いますよ!そうする事で冷静にお互いの必要性が見えてきます」(女性/40代/会社員)
「いっそ暫くの間、距離をおいてみる。こちらからは極力連絡を取らない。一人になってみれば、互いに相手が自分にとってどんな存在なのかわかる」(女性/40代/主婦)

など、距離を置いた上でそれでもダメだった場合は別れる選択をする人が多い。一方で、倦怠期に入った時点で別れをすすめる人も。

「倦怠期を経験するほど長年付き合ったことないし…。そもそも、打開したいって思うってことは、相手は冷めてきてるけど、自分は大好きって感じ?恋愛の温度差って大きいから、1回別れた方がいいかも」(女性/20代/会社員)
「夫婦なら乗り越えていく必要もあると思いますが、恋人なら倦怠期を乗り越えてまで付き合う必要ってあるかなぁ…次、探しましょ」(女性/40代/主婦)
「結婚してたら人生の伴侶・家庭の共同経営者ですから、飽きたとか倦怠期とか悠長に考えませんが。責任の伴わない、ただ交際してるだけだったら、楽しくなくなれば終わり。努力はもっと大事なことに使いたい」(女性/40代/主婦)

その他にもさまざまな方法が寄せられた。

「倦怠期を楽しむ。どうせしばらくすると、思いもかけないドラマやら、つらい別れ話やらがやってくるから」(女性/30代/会社員)
「何もしない。無理に何かしても、駄目な時は駄目」(女性/50歳以上/会社員)
「浮気させる、またはする。浮気=身体の関係では無く、気持ち。倦怠期は誰にでも来るし、相手に興味が無くなったなら一度浮気するのも関係を見直す手段かも?」(女性/40代/会社員)「ポリネシアンセックス!試してみて!」(女性/40代/その他)
「お互いのいいとこ悪いとこを10個言い合う。そうすると自分のことちゃんと見てくれてるんだと改めて感じられる。自分のこと好き?と確認もたまにしてる。バカらしいって思う人いるだろうけどこれ重要」(女性/20代/主婦)

さまざまな方法がある倦怠期の過ごし方。アナタなら倦怠期をどう乗り越えますか?
《Newscafeアンケート》
page top