期待が高まるバンクーバー五輪、開幕日迫る | NewsCafe

期待が高まるバンクーバー五輪、開幕日迫る

スポーツ ニュース

冬のスポーツ大祭典・バンクーバー五輪開幕がいよいよ来月12日に迫り国内でもムードが高まりつつある。18日には結団式が行われ、出場選手の活躍が祈願された。
選手団主将を務めるジャンプの岡部孝信、最多の5大会連続出場を確実にしたスピードスケートの岡崎朋美、夫婦で五輪に臨むモーグルの上村愛子とアルペンスキーの皆川賢太郎、カーリングのチーム青森など数多くの選手の活躍が期待される中、近頃ひときわ注目を集めているのがスピードスケート史上最年少で選ばれた高木美帆である。スケートだけでなくサッカーも日本代表候補クラスの実力を持つ彼女は若干15歳。結団式では金メダルが期待されるフィギュアの浅田真央と初対面し、「テレビでしか見たことがない人が目の前にいてすごい感動。かわいい」と興奮の様子だった。
前大会ではフィギュアの荒川静香が見事な演技で金メダルに輝き、日本中を沸かせた。今回はどのような感動ドラマが待ち受けているのか──。国民の期待が高まる。
NewsCafeでは28日より今大会の特集をオープン。また来月12日の開幕後は毎時、最新の五輪情報をお届けする。
《NewsCafe》
page top